【七夕のおやつに】キラリときらめく星の和菓子 | 旅するように和菓子と出逢う(旅わが)
【七夕のおやつに】キラリときらめく星の和菓子

【七夕のおやつに】キラリときらめく星の和菓子

7月7日は七夕(たなばた)

星空や天の川をイメージした
きらめく綺麗な夏の和菓子

夏の風物詩、七夕を
和菓子と一緒に楽しみませんか?

pickup01

島根/彩雲堂 [ 彩雲堂 ] 満天(1本/ミニサイズ)

1,728 円(税込)+配送料

賞味期限
発送日より30日
ミニサイズは20日

配送温度帯
常温

ご注文はこちら >

pickup02

島根/松江 [ 三英堂 ] 星の林(1本/ハーフサイズ)

1,728 円(税込)+配送料

賞味期限
発送日より20

配送温度帯
常温

ご注文はこちら >

pickup03

島根/松江 [ 風流堂 ] あまの川

1,728 円(税込)+配送料

賞味期限
発送日より21

配送温度帯
常温

ご注文はこちら >

七夕の起源と織姫星・彦星の伝説

七夕(たなばた)は、日本の伝統的な祭りであり、7月7日に祝われます。この祭りは中国から伝わった「乞巧奠(きこうでん)」という風習に由来しています。乞巧奠は、織姫星(こと座のベガ)と彦星(わし座のアルタイル)の伝説に基づいています。

織姫星と彦星の伝説によると、天の川の両岸に住む天帝の娘である織姫と牛飼いの青年彦星は、それぞれ織物の名手、働き者の牛飼いでした。2人は結婚し、愛し合うようになりましたが、次第に仕事を疎かにするようになりました。これに怒った天帝は、2人を天の川の両岸に引き離し、年に1度、7月7日だけ会うことを許しました。この日の夜、織姫と彦星は、カササギの群れが架ける橋を渡って会うと言われています。

七夕は奈良時代に中国から日本に伝わり、宮廷行事として行われるようになったとされています。その後、平安時代には貴族の間で広まり、江戸時代には庶民の間にも広がり、現在のように短冊に願い事を書いて笹に飾る風習が生まれました。

七夕の習慣と行事

日本では、七夕の日に以下のような習慣や行事が行われます。

  1. 短冊飾り: 人々は五色の短冊に願い事を書き、竹や笹に飾ります。五色は青、赤、黄、白、黒の五行説に基づいています。
  2. 笹飾り: 笹には短冊だけでなく、紙製の飾りや折り紙で作った飾りも一緒に飾られます。
  3. 星祭り: 七夕は星に願いをかける祭りでもあり、各地で星をテーマにしたイベントや祭りが行われます。